エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報住まい・環境税金 › 分離課税


ここから本文です。

分離課税


ID番号 N646  更新日 平成28年11月8日

分離所得分の税率(土地・建物や株式などを譲渡したときの所得)

土地建物等を譲渡した時の所得は他の所得と分離して以下の税率により計算します。

なお、短期譲渡とは、譲渡した年の1月1日において所有期間が5年以下の土地・建物等の譲渡をいい、長期譲渡とは、譲渡した年の1月1日において所有期間が5年を超える土地・建物等の譲渡をいいます。
 
 
分離課税の区分
市民税
県民税
合計
短期譲渡所得(一般分)
5.4%
3.6%
9%
短期譲渡所得(軽減分)
3%
2%
5%
長期譲渡所得(一般分)
3%
2%
5%
長期譲渡所得(優良分)※1
2.4%
1.6%
4%
長期譲渡所得(居住分)※2
2.4%
1.6%
4%
株式等の譲渡所得
3%
2%
5%
先物取引の雑所得等
3%
2%
5%
 
  ※1 2,000万円超の場合の税率は以下のとおりです。
市民税:48万円+(課税長期譲渡所得金額-2,000万円)×3%
県民税:32万円+(課税長期譲渡所得金額-2,000万円)×2%
  ※2 6,000万円超の場合の税率は以下のとおりです。
市民税:144万円+(課税長期譲渡所得金額-6,000万円)×3%
県民税:96万円+(課税長期譲渡所得金額-6,000万円)×2%

 

このページに関するお問い合わせ

税務課市民税係
電話番号:0561-73-4094 ファクス番号:0561-73-8024
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン