エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報住まい・環境上・下水道 › トラブル注意報告


ここから本文です。

トラブル注意報告


ID番号 N479  更新日 平成29年2月17日

宅内の点検業務や器材の訪問販売などにご注意を!

近頃、宅内の点検業務や器材の販売など様々なトラブルが発生しています。中には日進市からの委託を装っている場合もあります。

事例1

「市役所の下水道課の方から依頼を受けた。」や「市役所職員です。」などと言い、宅地内の排水管の点検、清掃、修繕などを行って、高額な代金を請求するケース

事例2

意味がわかりにくい専門用語を使って、お年寄りがねらわれるケース

日進市の下水道課では、宅地内の排水管の点検業務等をおこなうことはありません。また、器材の販売はおこなうことはありません。

事例3

「無償で点検します。」などと言って点検をし、強引に修理を迫ったり、清掃をしないと排水管が詰まるなどと言って脅かしのような威圧的な態度で契約を迫るケース

※注意 皆様のお宅におきまして、定期的な排水設備の点検は排水設備を守るためにも必要であると思います。必要な場合は、見積もりなどを取り、見積金額と内容を確認の上点検作業及び器材購入を行ってください。

宅地内の排水設備は、皆様の財産です。維持管理は自ら行ってください。

事例4

個人宅に電話をかけてきて、「下水道の点検で、このあたり一帯を回らさせてもらっています。5分ほどで終わるので立ち会ってほしい」と勧誘してくるケース(日進市からの委託だと言う場合もあります)

 事例3にも書いてあるとおり、宅地内排水設備皆様維持管理をしていただいています。日進市が行うことはありません。点検が必要な場合は見積もりなどを取り、見積金額と内容を確認の上、作業を発注してください。
 なお、日進市が管理する下水道管を維持管理するために、やむを得ず宅地内に入ることがある場合は、予め地域の皆様に回覧板等でお知らせします。

トラブルを防ぐために

  • 見知らぬ人からの訪問には慎重に対応し、不必要なときには、「契約しません。」とはっきり断りましょう。
  • 訪問業者の名称や訪問者の氏名を確認したり、身分証等の提示を求めてください。
  • 「下水道課の職員」と言った場合は、職員証等の提示を求めるなど、下水道課の職員かどうか確認してください。
  • 契約は、よく考えてからしましょう。(家族などにも相談してみましょう。)

※何かわからないことがございましたら、市の下水道課までご相談ください。

契約等でお困りのとき

下記までご相談ください。

◎消費生活相談窓口(生活安全課)  電話番号:0561-73-3491(ダイヤルイン)

関連情報

このページに関するお問い合わせ

下水道課業務係
電話番号:0561-73-2343 ファクス番号:0561-73-1871
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン