エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム日進市議会 › 市議会とは


ここから本文です。

市議会とは


ID番号 N854  更新日 平成28年4月27日

日進市では、市民の皆さんが安心して快適に暮らしていけるように、日常生活を営むために欠くことができない様々なこと(例:福祉、衛生、教育、道路、下水道など)を行っています。これらの市政には、市民の皆さんのご意見が反映されなければならず、そのためには市民の皆さん自らが市政を考え、問題を解決していくことが最も望ましいことです。

しかし、市民の皆さん全員が集まって話し合うことは実際には不可能です。そこで、市民の皆さん(有権者)が選挙で代表者を選び、その代表者に市政の運営を委ねています。この代表者には、市政を実際に執行する市長と、市政を監視し、その方針や施策の決定をする議員で構成する市議会の2つがあります。 このような働きから、市長を執行機関、市議会を議決機関と呼びます。

市長と市議会は互いに独立した対等な関係にあり、抑制し、均衡を保ち、協力し合い、ちょうど車の両輪のように、ともに市民生活の向上ために活動しています。

市議会の仕事

市議会には、市民の代表として十分な活動ができるように、議決権、調査権、監査請求権などのいろいろな権限が与えられています。これらの権限に基づいて、主に次のような仕事をしています。

議決

市政を進めるうえで重要な事柄を決め、議会が意思を決定することを議決といいます。議決により条例を制定したり、予算を承認したり、決算を認定したりします。

市政のチェック

市政が正しく行われているかを調べるため、自主的に市の事務を調査し、必要によって記録の提出を請求することなどをします。また、市の仕事の検査や、監査委員に監査を求めたりするなど、市民の代表として執行状況を監視します。

請願・陳情の受理

市民から提出される請願や陳情を受理し、議会として採択、不採択の意思表示をします。

意見書の提出

市民に重要な事柄であっても、国や県の仕事については市の力だけでは解決できません。このようなときに、関係機関に意見書や要望書を提出します。
意見書は地方自治法に基づいておりますので、市長や県議会には提出できません。
なお、実際に提出した意見書については、本会議会議録の中に資料として掲載しております。

市議会の仕組み

議員

議員は4年ごとに市民の皆さんの選挙によって選ばれます。定数は、日進市では条例で20人と定めています。

議長と副議長

議長と副議長は、議員の中から選挙で選ばれます。議長は議会の運営や秩序維持にあたり、対外的に議会を代表します。副議長は、議長が事故や病気などで欠けたとき、代わって議長の仕事を務めます。

会派

市政について同じ考えや意見を持っている議員が集まってグループをつくっています。これを会派といいます。

市議会の運営

本会議は、定期または臨時に一定の期間だけ開催されます。
定期的に開催される会議を定例会、必要に応じて開催される会議を臨時会といいます。
日進市議会の定例会は、条例で年4回(3月、6月、9月、12月)と決められています。

本会議

本会議は、議案などを審議し、議会の最終的な意思を決定する最も重要な会議です。会議の成立には、議員定数の半数以上の出席が必要です。

本会議では、提出された議案などについて説明があり(提案説明)、これに対して議員は疑問点などを聞き(質疑)、賛成か反対の意見を述べ(討論)、議会としての意思を決定します(採決)。

このほかに議員には定例会に限り、市の事務事業について質問(一般質問)をすることができます。
なお、本会議は公開が原則で、傍聴することができます。

委員会

議案などは、最終的には本会議で議決されますが、市の行政の範囲は広く、複雑なため、本会議で詳しく審議することは困難です。そのため、いくつかの委員会を設け、効率的・専門的に審査します。委員会には常任委員会、議会運営委員会、特別委員会があります。

日進市議会には次の4つの常任委員会があります。

  • 総務文教委員会 7人
    企画部、総務部、教育委員会の所管に属する事項
    他の常任委員会の所管に属さない事項
  • 福祉厚生委員会 7人
    健康福祉部、こども福祉部の所管に属する事項
  • 市民建設委員会 6人
    市民生活部、建設経済部、農業委員会の所管に属する事項
  • 予算決算委員会 20人
    予算及び決算並びにこれらに関する事項

議会運営委員会は、議会の運営を効率よく行うために、会議の期間や日程、議案等の取り扱いなどを決めます。

  • 議会運営委員会 7人
    議会の運営に関すること

特別委員会は、特別な事項を検討するときに臨時に設けられる委員会で、その事項の審査や調査が終了すれば消滅します。

  • 議会広報特別委員会
    議会だよりの作成
  • 名古屋瀬戸道路特別委員会
    名古屋瀬戸道路、日進中央線及び関連するアクセス道路に関すること

なお、委員会は委員長の許可を得て傍聴することができます。

会議の流れ

  • 市民(請願・陳情)
  • 市長(議案)
  • 議員(議案・意見書案・決議案)
  1. 本会議
    • 開会
    • 提案説明(市長などが議案等の内容や提案理由について説明します)
    • 一般質問(議員が市政全般について質問します)
    • 質疑(議員が議案等について質疑します)
    • 委員会付託(議案等を詳細に審査するために、関係の委員会に付託します)
  2. 委員会
    • 審査(各委員会では議案等について、詳しく説明を受けたり、専門的に調べたりして、委員会として賛成すべきか、反対すべきかを決めます)
  3. 本会議
    • 委員長報告(委員長が委員会の審査結果を報告します)
    • 報告に対する質疑(議員が委員長報告に対して質疑します)
    • 討論(議員が議案等について賛成か反対の意見を述べます)
    • 採決(議案等について賛成か反対かを多数決で決めます。これによって議会としての最終的な意思を決定します)
    • 閉会

このページに関するお問い合わせ

議事課
電話番号:0561-73-5923 ファクス番号:0561-74-0650
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン