エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム市の政策・計画広報・広聴まちの話題 › ひなまつりって何だろう?


ここから本文です。

ひなまつりって何だろう?


ID番号 N21733  更新日 平成29年3月14日

2017年3月3日 中部保育園「ひなまつり会」

<市民スタッフ 吉川エミ子>
 「今日は何の日ですか?」。3日、中部保育園をはじめ市内各保育園で「ひなまつり会」が開かれ、園児らはおひなさまを飾る意味を学びながら、ゲームなども楽しみました。

写真
お誕生日の記念撮影=中部保育園で

 中部保育園(小坂千春園長)でははじめに、3月生まれの園児10人の誕生日会が行われました。みどり組の梶原凪紗さんは「将来は警察官になりたい」と夢を語りました。担任の保育士手作りの誕生日カードが手渡され、お友達からは「誕生日おめでとう」「うれしいひなまつり」の歌がプレゼントされました。

写真

(左)ひな祭りの意味を説明するお内裏さま(右)〇×ゲームで盛り上がる園児

 いよいよ「ひなまつり」のはじまりです。ステージの幕が上がり、七段の飾りびなと保育士がふんするお内裏さまとおひなさまが登場すると、園児たちは大きな歓声を上げました。お内裏さまとおひなさまは園児たちに、「ひな祭りって何だろう?」と問いかけ、ひなまつりは女の子の元気な成長を願ったもので、今はお守りとして飾っている人形も、昔は川に流していたこともあるという歴史を伝えました。

 おひなさまの着物は十二単(ひとえ)と呼び、十二枚も着ているという説明には、園児から「ええっ!」と驚きの声が上がりました。お内裏さまが段飾りを指しながら、三人官女や五人ばやしについて質問形式で話し、桃の花のピンクや敷いている布(毛せん)の赤が魔よけであるといった豆知識も説明しました。

 最後はひな祭りにちなんだ、〇×クイズで盛り上がりました。「三人官女の中に、お歯黒・眉なしはいるでしょうか?」という面白い質問もありました。(答えは「○」)

 この日の給食はひな祭りメニューでしょうか?食事をしながら楽しかったひなまつり会の話題に花が咲いたことでしょう!

まちの話題トップに戻る

このページに関するお問い合わせ

秘書広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149 ファクス番号:0561-72-8861
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン