エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報教育・文化生涯学習日進市少年少女発明クラブ平成28年度少年少女発明クラブの活動 › 平成28年度少年少女発明クラブ 4年生Bクラス


ここから本文です。

平成28年度少年少女発明クラブ 4年生Bクラス


ID番号 N20275  更新日 平成28年8月6日

2月18日(土曜日)光センサー楽器

光センサー楽器

 まず、音の3要素(「音の大きさ」、「音の高さ」、「音色」)について学んだ後、早速作業に取りかかりました。ボール紙を切り取る工作から電気部品の取り付けまでこれまで発明クラブで学んできた内容が盛りだくさんの作業工程で、クラブ員はとても熱心に取り組んでいました。完成後は、音階や音の周波数のスイッチを調整しながら、楽譜を作成しました。

1月21日(土曜日)輪ゴム連発銃

輪ゴム連発銃

 ゼンマイ式の柱時計や腕時計に使用されている「ガンギ車」・「アンクル」の仕組みを学び、それを利用して連発銃を作りました。引き金(時計で表すとアンクル)が輪ゴム装填部(時計で表すとガンギ車)にうまく引っかかるように取り付けなくてはならないため、引き金の角度を調整を要する作業にクラブ員たちも苦戦していましたが、最後には全員が完成させ、楽しく遊びました。

12月10日(土曜日)笛作り

笛作り

 竹やストロー、空き缶を使って笛を作りました。竹笛は、空気の抜ける穴を指でふさぐことによって、ストローと空き缶を使った笛は、ストローの切り口の振動や空き缶に水を入れる量によって、音の大きさや高さが変わることを確かめました。

10月15日(土曜日)秋の草木利用術

草木利用術

 硬くて丈夫なツバキの葉を使って、草履や舟を作りました。細かい作業でしたが、クラブ員は異なる大きさの葉を使って、何個も作っていました。また、カシやコナラ、アベマキのドングリを使ってコマを作りました。その後、コマ回し大会を行い、とても盛り上がりました。

9月10日(土曜日)紙・水鉄砲作り

紙・水鉄砲

 紙・水鉄砲作りを通じて、圧力について学びました。一つ目は、30cmほどの長さの竹の両端へ水に濡らしたティッシュを詰め、片方の穴から竹棒で強く押し込むと、もう一方の穴に詰めたティッシュが圧力で飛び出す紙鉄砲を作りました。クラブ員は、どれくらいの大きさのティッシュを詰めれば、遠くへ飛ばせるのかを何度も試していました。二つ目は、節で切った竹に小さな穴を開けて水を入れ、フェルトを巻いた竹棒でもう一方の穴から押し込むと小さい穴から水が出る水鉄砲を作りました。穴が小さい場合は遠くへ水が飛び、数個の穴を開けた場合は、一度にたくさんの水が出るものの、飛び出る水の勢いが弱いことなどを試していました。

8月6日(土曜日)アイスキャンディー作り

アイスキャンディー作り

 ジュースを凍らせてアイスキャンディーを作り、液体から固体に変わる過程について学びました。ジュースを入れたアイスキャンディーの型を氷と食塩を混ぜた容器に入れ、様子を観察しました。ときどき温度計で容器内の温度を測りながら、凍るのを待ちました。待っている間は水や氷の性質について学習しました。1時間半ほどで容器内の温度はマイナス10℃に達し、ジュースが凍りました。立派なアイスキャンディーができあがった人、シャーベット状になった人とできばえは様々でしたが、最後においしくアイスキャンディーをいただきました。

7月9日(土曜日)LEDの花 -親子教室-

LEDの花

4年生Bクラスの親子教室は電気の流れに関する学習です。配線のハンダ付け作業は300℃に加熱したハンダゴテを使うので、とても危険な作業です。しかし、クラブ員の皆さんは指導員の注意を真剣に聞き、ハンダゴテを上手に取り扱いながら、保護者と協力して電子工作を行い、見事にLEDの点灯を成功させました。

6月11日(土曜日)三角木馬

三角木馬

のこぎり等道具の正しい使い方を学び、その後三角木馬の製作に取り掛かりました。ネジを使って組み立てる箇所は強い力が必要で、苦戦するクラブ員もいましたが、指導員の力を借りて、熱心に取り組んだ結果、見事完成しました。

このページに関するお問い合わせ

生涯学習課生涯学習係
電話番号:0561-73-4191 ファクス番号:0561-74-0258
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン