エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報福祉・健康・医療介護保険 › 福祉用具の購入助成


ここから本文です。

福祉用具の購入助成


ID番号 N601  更新日 平成22年9月14日

助成を受けるためには

介護保険を使って福祉用具を購入するには、まず要介護(支援)認定を受ける必要があります。まだ要介護(支援)認定を受けていない方は先に介護認定の申請をしてください。
まず、介護支援専門員(ケアマネージャー)にご相談ください。ご本人にどんな福祉用具が適しているか相談にのり、購入業者等を紹介してくれます。

 

保険対象の福祉用具の種類

・腰掛便座・・・腰掛式変換便座、補高便座、昇降機能付き便座、ポータブル(トイレ)

・特殊尿器

・入浴補助用具・・・入浴用いす、浴槽用手すり、浴槽内いす、入浴台、浴室内すのこ、浴槽内すのこ

・簡易浴槽

・移動用リフトのつり具の部分



これら以外の用具を購入した場合は対象となりません。また同じ種類のものを再度購入しても支給対象となりませんのでご注意ください。
 

支給方法

(1)償還払…本人が一旦業者に代金を全額支払いし、後で購入費の9割(または8割)を市より支給します。

(2)受領委任払…本人が購入費の1割(または2割)を支払い、後で購入費の9割(または8割)を市より業者に支給します。ただし、あらかじめ、日進市に事前登録している業者を選択する場合に限ります。

償還払、受領委任払ともに、1年につき購入費10万円(支給限度額は9万円または8万円)が限度額です。また、購入費が10万円を超えた場合は、購入費から支給限度額の9万円(または8万円)を引いた額が自己負担となります。

福祉用具購入費支給申請のながれ

1 担当の介護支援専門員(ケアマネージャー)と相談の上、購入する福祉用具が決まったら、下記の書類を市役所介護福祉課へ提出してください。
・福祉用具購入費承認申請書(介護福祉課もしくはダウンロードできます)
・購入予定業者が発行した見積書
・購入予定の用具が載った部分のカタログのコピー
・担当の介護支援専門員等の意見書(任意様式)

2 提出された書類を審査し、購入予定の福祉用具が適していると判断された場合は市役所より決定通知書を申請者へ郵送します。

3 福祉用具を購入し、購入業者に代金を支払いし、以下の書類を介護福祉課に提出します。
・償還払…領収書の原本
・受領委任払…領収書の原本、事後申請用紙(業者が記入、押印します)

4 市より指定口座へ購入額の9割(または8割)を振込みます。   
※償還払の場合、本人へ、受領委任払の場合、業者へ振り込みます。

介護認定の申請中で、結果が出る前に購入費の支給を申請し、購入することは差し支えありませんが、認定の結果「非該当」と判定されたときは、購入費の支給がされず全額自己負担となりますので、ご注意ください。また、福祉用具は在宅での介護を支援するため、要介護状態になることを予防するためのものですので、ご本人が入院中または入所中の場合は支給対象となりません。

このページに関するお問い合わせ

介護福祉課
電話番号:0561-73-1495 ファクス番号:0561-72-4554
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン