エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報福祉・健康・医療保険・年金国民健康保険(しくみ・資格) › 国保の届出


ここから本文です。

国保の届出


ID番号 N14184  更新日 平成28年1月1日

届出は、事実が発生してから14日以内に世帯主(同世帯員)が行ってください。いずれの場合も来庁者の本人確認書類(運転免許証等)が必要です。

  こんなとき(事実) 持参するもの

加入

転入してきたとき 転出証明書 来庁者が世帯主でない場合は世帯主の本人確認書類、通知カードもしくは個人番号カード

外国人の方が加入するとき

在留カード
指定書(在留資格「特定活動」の人のみ)
在留期間が3か月以下の人のうち、3か月を超えて日本に滞在することが見込まれる場合は、それを証明するもの(在学証明書など)
(パスポートの提示が必要な場合があります。)

職場の健康保険や国保組合をやめたとき 資格喪失(離脱)証明書、通知カードもしくは個人番号カード
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知、通知カードもしくは個人番号カード
出産したとき 保険証 世帯主の銀行口座のわかるもの 認印、通知カードもしくは個人番号カード

喪失

市外へ転出するとき 保険証、通知カードもしくは個人番号カード
職場の健康保険や国保組合に入ったとき 職場の健康保険証・国保組合の保険証 日進市国保の保険証、通知カードもしくは個人番号カード
生活保護を受けるようになったとき 保険証 保護開始決定通知書 認印、通知カードもしくは個人番号カード
死亡したとき 保険証 葬祭執行者が確認できるもの(会葬礼状、葬祭費用領収書等) 葬祭執行者の銀行口座のわかるもの 認印、通知カードもしくは個人番号カード

その他

退職者医療制度に該当することになったとき 保険証 年金証書など厚生年金・共済組合の加入期間がわかるもの、通知カードもしくは個人番号カード
退職者医療制度に該当しなくなったとき 保険証、通知カードもしくは個人番号カード
住所が変わったとき 保険証、通知カードもしくは個人番号カード
世帯主や氏名が変わったとき 保険証、通知カードもしくは個人番号カード
世帯を合併・分離したとき 保険証、通知カードもしくは個人番号カード
保険証をなくしたり、破損したとき 破損のときは保険証、通知カードもしくは個人番号カード
学生が修学のため親元を離れて他府県に転出したとき 保険証 在学証明書、通知カードもしくは個人番号カード

※ 別世帯の方が手続きする場合は、委任状、世帯主と来庁者の本人確認書類(運転免許証等)、世帯主の認印(朱肉を使用するもの)が必要です。なお、来庁者の通知カードもしくは個人番号カードは不要です。
 

届出が遅れると

保険証の届出は、事由が発生してから14日以内に行ってください。

もし、14日を過ぎてしまった場合には、届出日の前日までは保険給付が受けられません。また国保の資格が生じた月まで遡って保険税を納めなければなりません。

転出したり、職場の健康保険に加入したときは、届出し、保険証を返還しなくてはなりません。届出しないで国保の保険証を使った場合には、後日医療費を返還していただきます。

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保険年金課国保係
電話番号:0561-73-1420 ファクス番号:0561-72-4554
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン