エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム行事・イベント一覧広域情報 › 平成26年1月から、記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます


ここから本文です。

平成26年1月から、記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます


ID番号 N13201  更新日 平成25年10月3日

 これまで個人の白色申告者のうち前々年分あるいは前年分の事業所得、不動産所得又は山林所得の合計額が300万円を超える方が対象とされていた記帳と帳簿書類の保存制度は、平成26年1月から所得の合計額にかかわらず、これらの所得を生ずべき業務を行う全ての方が対象となります。
 なお、この記帳と帳簿書類の保存制度につきましては、所得税の申告が必要ない方も対象となります。
 詳細は下記関連情報の国税庁ホームページに掲載されていますので、ご覧ください。

お問い合わせ先:
昭和税務署
〒467-8510
名古屋市瑞穂区瑞穂町字西藤塚1番地の4
昭和税務署個人課税第一部門
電話:052-881-8171

 

関連情報

このページに関するお問い合わせ

税務課市民税係
電話番号:0561-73-4094 ファクス番号:0561-73-8024
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン