エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム日進生誕110周年記念特別企画第四章 笑顔~そして、未来へ~ › 市内小学校に通うこどもたち(その3)


ここから本文です。

市内小学校に通うこどもたち(その3)


ID番号 N21065  更新日 平成28年10月1日

【1】竹の山小学校6年 中崎 悠月さん
主な内容

 竹の山小学校の一番のよいところは、中学校と小学校がつながっていることだと思います。小学生なのに中学生とふれ合えるなんてすごいです。また、中学生になったら、小学生の時の友達とはなれてしまうと思っていたので、この学校でよかったです。
 中学生と会える出会いの広場やスポーツ広場、大きな図書館は、私の大好きな場所です。たくさんのお花がさいている出会いの広場や、日差しがあったかいスポーツ広場は気持ちがいいです。図書館は出会いの広場をながめながら本を読めるので最高です。だから私は、竹の山小学校が大好きです。

竹の山小学校6年 中崎 悠月さん
【2】北小学校6年 前田 杏美さん
主な内容

 私の将来の夢。それは「国境なき医師団」の一員として、発展途上国へ行くことです。そう考えるようになったきっかけは、四年生の時に見たテレビのニュースでした。当時、西アフリカでエボラ出血熱と言う伝染病が流行し、多くの人が命を落としていました。
 その中で、家族の反対をおし切って国境なき医師団に参加した、日本人の女医さんがいました。その姿を見てとても感動し、「この人のように医療で人々を救い、笑顔にしたい。」と思いました。そのために、今から苦手な英語と算数をがんばり、夢に繋げていきたいです。

北小学校6年 前田 杏美さん
【3】南小学校6年 伊藤 楽さん
主な内容

 ぼくは、日進市全体が、やさしさと笑顔があふれ、みんなが楽しく過ごせるようになるといいなと思っています。そのために、つながり合うことと助け合うことが、とても大切だと思います。学校で一人でいる人がいたら、声をかけていっしょに遊ぶのもやさしさの一つです。
 また、学校ではないところでも、困っている人がいたら手伝って、助けていきたいです。そうやって、つながり合い、助け合って、日進市全体にやさしさと笑顔が広がっていって、より良くなるといいなと思います。

南小学校6年 伊藤 楽さん

このページに関するお問い合わせ

秘書広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149 ファクス番号:0561-72-8861
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン