エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム日進生誕110周年記念特別企画第四章 笑顔~そして、未来へ~ › 市内小学校に通うこどもたち(その2)


ここから本文です。

市内小学校に通うこどもたち(その2)


ID番号 N21064  更新日 平成28年10月1日

【1】赤池小学校6年 早川 愛美さん
主な内容

 私の通っている赤池小学校は、あいさつの赤池、歌の赤池、元気な赤池を目標としています。今、私は毎朝校門であいさつをしていますが、あいさつをするとあいさつを返してくれる子がほとんどです。そして、全校集会のときには、みんなで心を一つにして歌を歌います。
 各学級で練習した歌をみんなで一緒に歌うととても楽しいです。私は、この赤池小学校が、あいさつの赤池と地域で有名になって伝統になるようにがんばりたいです。あいさつの絶えない、元気で笑顔いっぱいの赤池小学校は私の自慢です。

赤池小学校6年 早川 愛美さん
【2】東小学校6年 河合 啓伸さん
主な内容

 ぼくは日進市がもっともっと栄えて、他の市町村や都道府県、さらには他の国からもたくさんの人たちが来てくれる様な日進市になってほしいです。今の日進市には森や川そして多くの自然があります。その自然を守りさらによりよくしていきたいです。
 例えば、川をきれいにしてホタルがまう川にしたらとてもいいと思います。東小学校の遊歩園には夏になるとクワガタが出てきます。他にも学校のまわりには昆虫やカエルもいます。自然があれば、子どももたくさん遊べて好奇心が強い子に育つと思います。そんな自然が多く残っている日進市になってほしいです。

東小学校6年 河合 啓伸さん
【3】梨の木小学校6年 鈴木 沙梨さん
主な内容

 私の学校の自慢は、なしっこマウンテンがあることです。他の学校にはないと思うからです。四年生のとき、なしっこマウンテンについて勉強しました。ここには季節ごとに変化するたくさんの自然があり、いろいろな体験ができました。自分で見て体験し、たくさんの自然を感じることで多くの発見ができたので、自然への興味がわきました。
 他の学校よりも自然についてとてもくわしく深く学ぶことができたことは、とてもよい経験だと思います。自分で体験できるということは楽しく、新しい発見が多くあると思うので、なしっこマウンテンは学校の自慢です。

梨の木小学校6年 鈴木 沙梨さん

このページに関するお問い合わせ

秘書広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149 ファクス番号:0561-72-8861
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン