エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム日進生誕110周年記念特別企画第一章 わがまち日進 › 軍艦「日進」に由来


ここから本文です。

軍艦「日進」に由来


ID番号 N21032  更新日 平成28年10月1日

写真:軍艦「日進」
軍艦「日進」

 日進の名は、1905(明治38)年の日本海海戦の勝利に貢献し名をはせた巡洋艦日進に由来する。大正の『愛知郡誌』には、「村名につき熟議を重ねしが、時恰かも帝国軍艦日進の進水式を挙げしに会せしを以て、議一決して日進村とするに至りしなり」と記されている。

 日進はアルゼンチン用としてイタリアで建造された巡洋艦「日進」「春日」の2隻を日本が購入したものである。1904(明治37)年2月、横須賀に回航され日本海軍に編入、翌3月に名古屋に入港し、市民の盛んな歓迎を受けた。

このページに関するお問い合わせ

秘書広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149 ファクス番号:0561-72-8861
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン