エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム日進生誕110周年記念特別企画第二章 日進百十景 › 安全を支えるスクランブル交差点(香久山)


ここから本文です。

安全を支えるスクランブル交差点(香久山)


ID番号 N21052  更新日 平成28年10月1日

 交通指導員の見守りの中、黄色い帽子の児童らが元気に香久山北交差点を横断して登校する。(市民スタッフ 吉川エミ子)

写真:スクランブル交差点を渡る児童たち
スクランブル交差点を渡る児童たち

 この地域は不毛の荒廃地だったが、明治40年以降、野方に住む人たちの手により開墾された。昭和58年の住宅・都市整備公団(現在の都市再生機構)による株山特定土地区画整理事業を経て、平成7年に香久山区が発足し、一気に人口が増えた。

 日進市で初めて設置されたこのスクランブル交差点は、星ヶ丘行きや栄・名古屋駅まで直通の高速バスも行き交う。

 登下校時に聞こえてくる笛の音で、今日の安全を願い、今日の無事を確認できる交差点である。

このページに関するお問い合わせ

秘書広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149 ファクス番号:0561-72-8861
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン